受験前の子供への対応

何かと精神が不安定になりがちなのが、受験生のお子さんです。
非常に繊細でナイーブな時期ですので、受験生のお子さんが家庭に居る親御さんは、お子さんへの対応に気をつけないと、受験失敗に繋がるだけではなく、お子さんとの間に、修復不可能な大きな亀裂が走ってしまう恐れがありますよ。
そうならない為にも、受験生のお子さんと接する際にはこのようなことに気をつけましょう。

まず一番気をつけなければいけないのが、お子さんにプレッシャーを与えることです。
経済的都合の関係もありますので、中には、「この学校でないとダメ!」と考えている方も居るかもしれませんが、過度にプレッシャーを与えると、お子さんのトラウマに繋がる可能性があります。
経済的にここ以外は難しいという話を冷静にすることは大切ですが、感情的に怒ることはしないようにして下さい。

そして、家庭で勉強をしているお子さんがいる場合は、必要以上に余計な音を出さないことが大切です。
そんな事と思うかもしれませんが、実は非常に大切なことで、勉強中に大きな音などが聞こえると、イライラとして集中が出来ず、親への不信感を募らせてしまうお子さんは多いですので、出来るだけ余計な音を立てないであげるように心がけましょう。

最後に、お子さんへのさりげないサポートを行うことが大切です。
受験シーズンは自分の事を疎かにしがちなお子さんが多いですので、食事面や健康面などのサポートは、出来るだけしてあげるように心がけましょう。



*Recommend Site*
お子さんの学力に合わせて受験勉強のサポートをしている湘南ゼミナールのサイトです --- 湘南ゼミナール

Copyright © 2014 受験を抱えている子供たちへの対応 All Rights Reserved.